« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

ハーブの効能「ワイルドストロベリー」2

今年の夏は「ワイルドストロベリー」で乗り切るぞ!

なんて思ってみたけど、今日は10粒しか収穫出来なかった。

甘い香りの誘惑に負けて食べてしまったからなぁ(^。^;

ローションかフェイスマスク作りたかったのに。

もしかしたら、また次ぎの実がつくかも♪

来年は鉢数増やします。


●ワイルドストロベリーのローション(日焼けした肌に使用)

炎症を起こして赤らんだ皮膚に効果あり

・用意するもの : ワイルドストロベリー125g、牛乳大さじ1、ガーゼ

            (広い範囲に使う場合は材料を増やします)  

・作り方 : ワイルドストロベリーと牛乳をフードプロセッサーにかけます。

・使い方 : 患部に当てたガーゼの上に広げます。

保管は冷蔵庫で!2日以内に使い切りましょう。


●ワイルドストロベリーのフェイスマスク

脂性、吹き出物が多い肌、ニキビに有効

・用意するもの : ワイルドストロベリー150g、小粒のオートミール大さじ2、

           プレーンヨーグルト小さじ2

・作り方 : ワイルドストロベリーをつぶし、他の材料と混ぜる。

       手で掴める程度の柔らかいペースト状にする。

       (ワイルドストロベリーの熟し具合によって濃度が変わるので、

       水分が多いときはオートミールの量を増やし、硬過ぎる場合は

       ヨーグルトの量を増やします)

・使い方 : 作ったものを顔に伸ばし、20分ほどそのままおきます。

        あとはぬるま湯で流し、タオルでやさしく皮膚を叩くように

        拭き取ります。

        1週間に1度の割合で使用します。

作ったものは1度で使い切りましょう。

       

| | コメント (0)

まだやってます

あきらめの悪い私は、「あるある・・・」で紹介された例のやつ、まだやってます。

寒天&ところてんダイエット、今日で17日目です。

特に食事制限しなくっていいので続いてるって感じかな。

体重が2キロ弱ほど減って、お気に入りのスカートもきつくなくなりました。

夏はダイエットには持ってこいの時期なので、もうひと踏ん張りやってみるつもりです。

でも、焦りは禁物!

用法を守って、気長に地道に行きましょう!自分にエールヽ(^ー^)ノ

| | コメント (2)

ハーブの効能「ワイルドストロベリー」1

今日は久しぶりに雨が降りました。

まさしく恵みの雨です。

上がったあとの庭の緑がキラキラしてきれいでした。

庭を眺めていると、「ワイルドストロベリー」の赤い実が目に入ってしまい、つい食べてしまいました。

(○^~^○)モグモグ・・・・・・え(°°、)?食べたら幸せになれない?


ワイルドストロベリーは16世紀にはヨーロッパの果実園で野生種が栽培されるようになったそうです。

現在では世界の温帯地方北部の高木林地や白亜質の草地に見られます。

たいていの園芸店やホームセンターで手に入り、とても育て易いので、お勧めのハーブです。

葉と果実は、化粧品、医薬品、調理材料として何世紀にも渡り利用されてきました。

葉には穏やかな収斂作用と防腐作用があり、消化不良や下痢を改善し、歯肉の止血にも役立つと言われています。

そして、葉と実には浄化作用と利尿作用があり、通風や関節炎の改善にも有効的です。

通風、リウマチ、関節炎にはワイルドストロベリーの葉とセロリの種子のハーブティ150mlを1日2~3回飲むと良いそうです。

セロリの種はハーブ専門店などで売られている食用のものを使用してください。

それから、妊娠中の人はセロリの種を使用しないでください。

ワイルドストロベリーは一部の人にアレルギー性のかゆみをともなう発疹が出ることがあるので注意しましょう。

私はそんなことを知らずに実を食べてましたが、発疹など出なかったです。

また、アスピリン不耐性の人、大腸炎など腸に疾患のある人は使用を避けましょう。

| | コメント (0)

ハーブの効能「コリアンダー」

エスニック料理に欠かせない「コリアンダー」。

コリアンダーは中国では「シャンツァイ」、タイでは「パクチー」と呼ばれ、肉料理の付け合せによく使われています。

料理に欠かせないものでも実際に育ててみると、あまりの臭さにクラクラっときます。

風にそよいだり、ちょっと触っただけでも強烈なのです。

私は、花が終わるとともに抜いてしまいました。

コリアンダーは別名「カメムシソウ」と呼ばれていいます。

どんな臭いか想像出来るでしょう?

でも、今ではエスニックを代表する香りとして、オリエンタル調の香水に使われていたりします。

このハーブの種から抽出されるエッセンシャルオイルは、精神疲労の気分を高揚させ、物忘れが気になるとき記憶力を高めてくれそうです。

臭いが気にならない人は、このオイルを使ったマッサージはいかがでしょうか。

体を温め、冷えが原因の体調不良全般に効果があるようです。

| | コメント (0)

改めて感じたこと

今日は、レオクラブ主催のボーリング大会でした。

私と、もう一人の女性レオメンバーと受付をしてたら、20代前半くらいの女の子が数人来ました。

その女の子たちの受付が終わったあと、二人が顔を見合わせて同時に一言。

「若いっていいよね・・・肌がきれいで、張りもあって」

あぁ、なんて、おばさんちっくな言葉なんでしょう(^。^;

悲しい。・°°・(>(ェ)<)・°°・。

改めて歳くったことを感じた1日でした。

| | コメント (0)

ハーブの効能「マーシュマロウ」

名前に惹かれて買ってしまったハーブ、それはアオイ科の「マーシュマロウ」です。

どっかで聞いたような名前でしょ?

そうです!あの甘~いお菓子「マシュマロ」です。

昔、マシュマロは、マーシュマロウの根の粘液に卵白や砂糖を混ぜて作られていました。

フランスやドイツをはじめとするヨーロッパでは、咳止めソフトキャンディとして広く利用されていたそうです。

現在のマシュマロは水飴やコンスターチ、ゼラチン、卵白、香料などで作られていますので、薬効成分はありません。

でも、名前だけは受け継がれて、甘いお菓子として多くの人に愛されています。


マーシュマロウの葉を茹でたり、根を水に浸しておくと粘液が採れます。

この液は、乾燥気味の肌やパサついた髪の保湿剤として利用出来るので、女性にはうれしいハーブですね。

その他に、乾燥させた根を煎じて飲むと、咳や短を止めたり、胃炎や膀胱炎にも効果があるそうです。

ここで注意する点ですが、糖尿病の人は葉をしないでください。

それと、根は医薬品の吸収を妨げることがあるので、医薬品や他のハーブを摂取する前後2時間は使用を避けましょう。


花の見頃は夏の終わりから初秋で、ピンクや白のやさしい色合いの花をつけます。

アオイ科なので大きくなると背丈が1m~2mにもなります。

ちなみに、うちのはまだ15cmほど。

なので、今年は花を見られないだろうな。

| | コメント (4)

雨が降らない

梅雨入り宣言をしてから何日経つだろうか。

そろそろ6月も終わりだと言うのに雨が降らない。

去年もそうだったけれど、こんなにはひどくなかった。

このまま降らないと、夏にはダムが渇水してしまうかもしれないなぁ。

そうなると、庭の木や花たちに水をやるにもコソコソ・・・と言うか、人目をしのんでやらなければいけなくなりそう。

お願い( ̄人 ̄)だから雨降ってよー

しかし、一応空気だけは湿気が多くて梅雨だなって感じがするわね。

あはは・・・いいこと考えたΣ(^o^;) 

除湿機ガンガンかけて、取れた水分で水やりしようかしら。

| | コメント (2)

ハーブの効能「アロエベラ」2

昨日のつづきです。

手近なところで、アロエベラジェルの使用法を説明します。

ジェルとはアロエベラの液のことで、葉を切って絞ると出てきます。

その液には、消毒殺菌、鎮静作用があり、直接塗布することで、軽い火傷や日焼けを冷却してくれます。

虫刺されによるかゆみや痛みにも有効です。

私の父がよくやっていたのは、切リ採った新鮮な葉を2枚におろし、そのまま貼り付け、テープか、包帯で固定します。

ただ、これだと大げさすぎてあまりうろうろ出来ませんよね(笑)

それから、水虫にもいいそうです。

水虫の薬を薬局で買うのが恥ずかしい人は、このジェルを試してみるといいかもしれません。

「アロエベラ」は、観葉植物として園芸店で多く出回ってるので、比較的手に入れ易いのですが、栽培するのが面倒だと言う人は、既成のアロエベラジェルを薬局で買い求めるのもいいでしょう。


「アロエ」または「アロエベラ」についての注意ですが、妊婦や子供、高齢者は、内服しないでください。

過敏性腸症候群(IBS)、大腸炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍などの重い病気や、数日以上続く病気がある場合には、使用前に必ず医師に相談しましょう。

| | コメント (0)

ハーブの効能「アロエベラ」1

父が元気だった頃、実家のベランダには常時「アロエ」があった。

火傷だとか、すり傷だとか言うと、よくアロエを切り採ってくれたものだ。


アロエには数多くの種類がありますが、その中でも薬理効果があるのは「アロエベラ」の品種です。

日本では、茎が長く伸びる「キダチアロエ」と呼ばれているものが主流です。

(うーん・・・実家にあったアロエはよく利用していたせいか、伸びてるところをあまり見たこと無かったなぁ・・・)

アロエベラの有効成分は非常にたくさんあります。

★ビタミンC・E、B12、βカロチン・・・悪玉コロステロールの酸化を促進する活性酸素と戦う抗酸化作用

★カルシウム、クロム、銅、鉄分、マンガン、マグネシウム、、カルシウム、ナトリウム、亜鉛・・・体の生理機能を調整するミネラル類

★多糖類・・・免疫機能を高めるのに必要な糖類

★植物ステロール・・・抗炎症効果

★サリチル酸・・・消炎作用

★サポニン、アントラキノン・・・抗菌(アントラキノンは鎮静効果も)

★酵素・・・消化剤

★リグニン・・・皮膚に深く浸透する木質素

効果があるのは外傷だけじゃないんだなぁと、あらためて感心してしまいます。

昔からアロエのことを「医者要らず」言ってたことも納得出来ますね。


つづく。。。

| | コメント (0)

おみやげ

先日、友達からおみやげでフラワーランドのパックを貰いました。

今日、園芸店でちょうどいいテラコッタの鉢をお手ごろ価格で買うことが出来たので、植えてみました。

和紙で作られたパックの中には、28種類の花の種と肥料が入っています。

説明書に書いてあるとおりに、そのまま土の上に置き、和紙が透けるまで水をやりました。

この時期植えると今年中に花が見られるそうです。

28種類もの花が一つの鉢の中で咲くなんてどんなふうか想像出来ませんが、とっても楽しみです。

花が咲いたら、またここで写真と共に披露したいと思います。

| | コメント (0)

ハーブの湿布とパップ

ハーブの浸出液に布などを浸したものが湿布

ハーブそのものを包帯で患部に当てるのがパップです。

●湿布の用途ですが、基本的に外傷や筋肉の張り、関節痛には温湿布を、頭痛や皮膚の炎症には冷湿布を施します。

まず、ボウルか洗面器に、濃い目のハーブティや煮出した液を入れ、ガーゼや上質のコットン、フェイスタオルなどを浸します。

そして、患部にしばらく当てておきます。

これを何度か繰り返します。

作った液は保存せずに使い切りましょう。

●パップの用途は、捻挫、打撲、切り傷、すり傷、皮膚の炎症です。

まず、30グラム程度の粗く刻んだフレッシュハーブを耐熱ボウルまたは小さな鍋に入れ、熱湯(精製水)をひたひたに注ぎます。

ペースト状になるまですりつぶします。

手で触れるくらいに冷まし、患部に塗ります。

ガーゼで固定して包帯を巻いたまま30~40分くらいおきます。

作り置きはせずに使い切りましょう。

急ぐときは、フレッシュハーブを茹でたそのままを使うことも出来ます。

あくまでも、日常的な軽い症状の応急処置です。

改善されない場合や、気がかりな症状があるときは、必ず医師や病院に相談をしましょう。

重篤な疾患や持病、アレルギーがある人、妊娠中の人は、使用する前に医師に相談しましょう。

| | コメント (0)

ハーブの効能「ヒソップ」

ミントに似た香りを持つハーブに「ヒソップ」があります。

私がよく行く園芸店には無いので写真でしか見た事が無く、育てたことはありません(ぜひ手に入れたいハーブの一つです)

7月~10月にかけて、鮮やかな紫色の花をつけるとても美しいハーブです。

しかし、美しいだけではないのです。

葉は、リキュールの風味付けに使われ、花の密から作られたハチミツは香りも味も良く、人気があるそうです。

そのうえ、薬効も豊富!

ヒソップは消毒作用に優れており、葉をティーにして飲むと、ぜんそくや喉の炎症、消化器官の不調を和らげる言われています。

ちょっと苦味があるようなのでミントや他のハーブと合わせた方がよさそう。

あと、ティーを使った湿布は、外傷や打ち身、火傷の症状緩和、リウマチや神経痛の症状にも効果があるそうです。

※ヒソップについての注意・・・長期使用を避け利用は少量にとどめましょう。

高血圧の人や、妊娠中は使用してはいけません。

| | コメント (2)

夢のハーブ&ローズガーデン

うちの庭には浄化槽が埋まってます。

そうです、下水道がまだ来てない田舎に住んでるのです。

きっと、あと6~7年もすれば、繋がると思うんだけど・・・早くならないかな。

そしたら、浄化槽を撤去して、敷地を低めのレトリスで囲み、今ある濃いピンクのつるバラの横に黄色のつるバラを植えて、ラベンダーとローズマリーを地植えにして・・・

と、夢はどんどん広がります。

実現するのは10年後かもしれないけれど、少しずつ頑張るつもりです。

それまで、このブログが続いてるといいんだけれど。。。

| | コメント (0)

ハーブの効能「フェンネル」

日曜日にインド料理を食べに行きました。

レジにはガムの代わりにどうぞと「フェンネル」の種を乾燥させたものが置いてありました。

ちょっとだけ口に入れて噛むと甘味があり、ほんのりガムの味。

美味しいとは言えなかったけど・・・(笑)

フェンネルはセリ科のハーブで、種だけではなく全草使うことが出来ます。

若い葉や茎は特に魚の料理によく合い、「魚のハーブ」とも言われています。

フェンネルには、腸内のガスを排出する作用健胃作用があり、膨満感、消化不良、吐き気などの胃腸の不快症状を整える効果があるようです。

尿の排出を促して泌尿器系のトラブルの改善に役立など利尿剤としての価値も認められています。

また、婦人科系の不調を整える特性を持っていることでも知られており、フェンネルの種子から採れるエッセンシャルオイルには、女性のホルモン「エストロゲン」によく似た植物ホルモンが含まれているので、アロマテラピーでは、しばしば無月経、月経不順、更年期障害のケアに使用されています。

それに、実はこのフェンネル、ダイエットに一役かうらしいのです。

種子を噛むと満腹感が獲られるので古代ローマ時代から兵士が常に携帯し、食事が出来ないときに噛んで空腹をしのいだと言われています。

食べすぎに注意したいときには、あらかじめ口にしておくとよいかもしれませんね。

| | コメント (0)

ハーブの効能「ダンデライオン」

松任谷由美さんの歌にも登場する「ダンデライオン(英名)」は、別名「セイヨウタンポポ(和名)」と言い、普段見慣れたあの黄色いタンポポのことです。

これがハーブだと知ったのは数年前、ハーブに興味を持ってからなのですが、改めて調べてみると、これがなかなかの優れた植物だったのです。

ダンデライオンの優れた利尿作用は古くから知られていて、カリウムミネラルビタミンA・B・Cを豊富に含んでいます。

また、リウマチや皮膚の疾患にも効果があり、葉の苦味成分は胆汁の分泌を促すことから、肝臓の強壮剤としても使われていたそうです。

春に柔らかい若葉を摘んでサラダやスープに入れたり、根は焙煎してカフェイン抜きのコーヒーの代わりになります。

もちろん花びらも食べられます。

しかし、小さい頃、タンポポの白い液が口の中に入ったときの苦さを脳が覚えているので、いくら体に良いと分かってても食べるのはちょっと抵抗があります。

注意事項として、ダンデライオンは、潰瘍や胃炎、胆石や胆嚢疾患と胆管疾患がある場合は使用してはいけません。

そして、妊娠中授乳中の人は安全が確立されていませんので、おすすめできません。

子供は脱水症状を起こす危険があるので使用を避けましょう。

| | コメント (4)

ダイエット中の外食

ダイエット中の外食って困ります。

とは言っても、私は外食をめったにしないのですが・・・

そのときはダイエットしてても、気にしないで食べてます(笑)

だって、仲間や家族と食事するのに「ダイエット中だから・・・」と、あまり食べないのも一緒にいる人達に失礼な気がするから。

でも、近頃食べ過ぎだなぁと思ったら、これに注意します。

①主菜が出てくる前にパンを食べ過ぎないようにする。

②前菜にはサラダや魚介類などの低カロリーのものにする。

③脂肪の取りすぎを防ぐために肉類を避け、多量のナッツ類やチーズも避ける。

④デザートはケーキやアイスクリーム類は避けて、フルーツシャーベットにする。

などです。

それを考えるとイタリア料理はヘルシーだと思います。

(^_^;べつにイタリア料理屋さんに勤めてるからそう言うのではありません。

オリーブオイルや野菜や魚介類を使った料理が多いからです。

トマトや野菜ベースのパスタを選べば完璧ですね。

ピザは生地の薄いものを選び、トッピングはサラミとかペパロニなどの塩辛いものや、チーズの追加を避け、野菜中心のものを選びます。

それでも色合いが綺麗なので見た目もおいしく食べられます。

| | コメント (0)

ハーブの効能「ロケット」

サラダに出来るハーブをと思って、5月ごろ「ロケット」を種から育てています。

1ヶ月ほど経ちましたが、まだ葉が6枚程度です。

夏には食べられるかな?

ロケットのイタリア名は「ルッコラ」です。

こっちの方が聞きなれているかも・・・

葉はピリッとしたごま風味なので、和食にも合うのではないかと思います。

このハーブの歴史は古く、古代ローマ・ギリシャ時代から食用や薬用として利用されてきたそうです。

なんと!カルシウムはピーマンの30倍ビタミンCはほうれん草の4倍近くあり鉄分もモロヘイヤに負けていません

新鮮な葉を摘んでそのまま炒めたり、和え物にも出来ます。

しかし、和え物の場合は、茹でたときにビタミンCが逃げてしまうのでもったいないですね。

葉を美味しく食べようと思ったら、花は早めに摘んでしまったほうが良さそう(花も食べられます)。

花が十字の形になっているロケットは十字架植物と言われており、仲間には大根、ブロッコリーなどがあります。

ロケットは比較的簡単に育てられるので、キッチンハーブにピッタリです。

| | コメント (0)

あまかった

昨日の決心を揺るがす事態が起きた。

スーパーに寒天が見当たらないのだ。

みんな「あるある・・・」見てたのか?

きっと日本中のスーパーから寒天が消えたに違い無い。

とりあえず、心太を食べながら寒天の入荷を待つことにしよう(^。^;

それにしてもTVの影響力ってすごいのね。

| | コメント (5)

寒天パワーに脱帽

今日の『あるある・・・』は寒天でした。

これなら私にも出来る!!

そう確信したのです。

毎度の事ながら、始める前の意気込みはいいんだけど、続くかが問題・・・

とりあえず今月一杯続けてみよう!

そして、いい結果が出たあかつきには、ここに発表します!(言い切ったが大丈夫か?)

体脂肪が減り、基礎代謝が上がり、体重も減り、腸の調子も整えてくれる。

最高ですね。

さっそく、明日スーパーに行って、「心太」と「粉寒天」を買います。

| | コメント (0)

ハーブの効能「ミント」

catmint 今うちにあるミントは8種類です。

アップルミント」は、葉や茎に細かい毛があります。

パイナップルミントは、葉に斑が入ってて美しいので、寄せ植えに向いています。

アップルとパイナップルをたして割ったような香りがします。

ペパーミント」は、薄紫色の花をつけ、葉は光沢のあり縁が細かくギザギザになっています。

驚くほどの繁殖力で、この8つの中では1番だと思います。

キャットミント」はこの8種類の中では葉が小さくて、花も付き方が違っています。(写真はキャットミント)

名前の通り、猫が好むようです。

スペアミント」は、甘く爽やかな香りで、ガムを想像出来ますが、ペパーミントほど香りが強く ありません。

オーデコロンミント」のの葉はまるく、香りはミントのコロン(そのまんまだ)を嗅いでいるような感じです。

カーリーミント」は、葉がフリフリっとカールしてて、ちょっとゴージャス。

グレープフルーツミント」は葉をちぎって嗅いでみるとミントの中にグレープフルーツの香りがします。

この中では2番目繁殖力が強いように思います。

すべてのミントには度合いは違いますが、共通の効能があります。

健胃作用があり、消化器系の症状の改善が期待できます。

ミントティーは気分をスッキリさせてくれるので、二日酔いの人におすすめ。

美味しくて飲みやすいとは言いがたいので、蜂蜜と他のハーブ・・・例えば、レモンバームやレモングラスを加えるといいと思います。

咳や喘息、気管支炎、そして筋肉痛、神経痛にも効果があり、また、熱を下げる作用もあるので風邪のひき始めにいいかも

ミントは挿し木や株分けで簡単に増やせますが、一つの鉢に色々な種類を混ぜない方がいいです。

なぜならば、地下茎を伸ばしどんどん増えていき、交配するので、見た目は違ってても、強い種類のものと同じ香りになったりすることもあるからです。

このことからも分かるように繁殖力が物凄いので、庭に地植えすると、はびこって大変です。

気をつけましょう(笑)

それから、真夏の暑さにやや弱いので直射日光が1日中あたるところは避けましょう。

| | コメント (2)

ハーブの効能「バジル」

basil 以前、薄紫色の花をつける「シナモンバジル」を植えていたのですが、去年の台風で全滅してしまいました。

それで、この「スイートバジル」を新たに植えたのです。

トマト料理と相性が良いハーブで、消化を助ける作用もあるので、少々脂っこい料理にぴったり。

普段はスーパーで、乾燥させて刻んだものを買って、豚肉や鶏肉のソテーなどの香味づけにしたり、ご飯に塩少々と一緒に混ぜてバジリコライスにし、オムライスのように卵をかぶせて食べています。

来年の今頃は株が大きくなってると思うので、自給自足出来るかな?

バジルには精神に働きかける強い作用があるようです。

眠れない夜は寝る前に、バジルを煎じたお茶を飲むと、質の良い眠りが期待できると言われています。

それから、エッセンシャルオイルの香りを吸引すると、抑うつ症の人の沈んでいた気持ちが高揚するそうです。

マッサージなどで肌に直接塗布する場合、刺激が強いので、皮膚の弱い人は気をつけましょう

また、経通作用があるので、妊娠中の人は使用を避けないといけません

| | コメント (0)

久々に小説書きました

愛媛の友達に誘われて、昔のように同人誌の仲間に入れてもらいました。

『睡蓮』と言う同人誌です。

やり取りは殆んどネットで、原稿もワードをメールに添付して送ります。

昔は郵送してたんだけど、便利になりました。

十数年ぶりに小説を書いてみたのですが、なかなか進みません。

書いては消し、書いては消しの連続で、読み返せば読み返すほど、あれもこれも直したくなるのです。

すったもんだの挙句、4月17日にやっと出来上がったので、メールに添付し送りました。

そして6月30日、待望の『睡蓮4号』が発行されます。

昨日、校正のため読み返しましたが、こっぱずかしくて・・・

私の書いたものがいろんな人の手に渡ると思うと、ドキドキします。

| | コメント (3)

ハーブの効能「コモンマロウ」

コモンマロウ」の苗を春に植えました。

1メートルにもなるハーブなのに、小さ目のコンテナに植えてしまったので、いずれは地植えにしようと思っています。

とてもかわいい花ですが、朝咲いた花は一日で終わります。

朝、花と葉を摘み1週間ほど陰干しにして保存し、ハーブティにします。

マロウのハーブティには、粘性のある物質タンニンがタップリ含まれており、消化気管の粘膜を保護し、食欲を促進しながら消化を助ける作用があので、食前に飲むと良さそう。

消炎作用もあるので、風邪をひいたときには喉の痛みを抑えてくれでしょう。

今年の冬はこれで越えられそうかな。

| | コメント (0)

くやしい

書いた記事が無くなった。

込んでるというようなメッセージを残したまま・・・

30分も掛けて書いたものなのに消えてしまうなんて。

なんてむごいんだろう。

せめて、どこかに残ってればいいのになぁ(泣)

くやしいけれど、時間が遅いし、今日はもう寝よう。

| | コメント (0)

今期最後の大仕事!

レオクラブは、地域社会の青少年に指導力Leadership),経験Experience),および機会Opportunity)を与え、個性豊かな人間に成長させるための奉仕活動を促進し、会員の間に、友情親善及び相互理解の精神を育成することを目的とし、ライオンズクラブのスポンサーによって結成されています。

LEO 現在では4200以上のレオクラブが世界に存在しています。 

小野田レオクラブはその中の一つなのです。

で、今日は夕方7時からレオクラブの例会でした。

今期最後の行事の準備のためです。

本音を言うと、パートとはいえ、仕事から帰って、晩御飯の支度して家を出るのは大変なことです。

誰でも一旦家に帰った後、また出掛けるのはちょっと苦痛なはず。

でも、小野田レオは会員数が少ないので仕方ないかなと思ってます。

せめて、もっと近ければいいんだけどね。

家から車で45分くらいかかるんだもん(^。^;

まぁ、何はともあれ、今回の行事が大成功を収めるよう祈るだけです。

| | コメント (0)

あ゛~常備薬がぁ~

お腹が痛い。

今日は午後からなんとなーく調子が悪かったのだ。

そして、今がピーク(-。-;

う゛~(汗)

普段からよくお腹をこわすから、「赤玉○らぐすり」を薬箱に常備しているんだけど、箱を開けると空だった(泣)

仕方ないので、さっき「正露○」を飲んでみた・・・が、まだ治らない。

「赤玉○らぐすり」ならもう治ってるころなのに(泣)

寝てごまかすしかないかな。

これは結構効果がある。

寝てしまえばこっちのもんって感じで、朝までには治まっているのだ。

えーいっ、寝てやる!

| | コメント (2)

ハーブの効能「ナスタチウム」

nasturtium 今、「ナスタチウム」を育てるのに夢中。

オレンジやイエローの色鮮やかな花をつけます。

しかし、これが結構わがままな植物で、個性を知るのにハーブに詳しい友達に聞きながら試行錯誤して育てているところです。

肥料が効きすぎると花が付きにくく、葉っぱばかりが育ってしまうし、暑さが苦手のようで、直射日光に当てすぎると、葉が小さくなったり、茶色くなってしまうのです。

利用方法としては、「ナスタチウム」はビタミンCが豊富なのでサラダにピッタリ

葉や花の味はマスタードに似ています。

ビタミンC以外には鉄分も含まれていて、血液の浄化作用があり、赤血球の造成もすので貧血の人にとって救世主かもしれません。

リーフティは気管支炎や風邪、インフルエンザの予防にもなります。

もう一つの効能は、抗菌作用で、腸内の善玉菌を壊すことなく働ことです。

しかし、種子は下痢を促す作用があるので注意しましょう。

| | コメント (0)

ハーブの効能「キクニガナ」

知ってるハーブの中で一番の早起きさんはキクニガナ(別名:チコリ)の花です。

この淡いブルーの花は、朝開いてお昼にはもうしぼんでしまうのです。

なんて、早寝早起きなんでしょう。

知らないと何時見ても蕾のままだと誤解してしまうかもしれませんね。

欧米では「キクニガナ」の花と葉はサラダに使うのが定番です。

葉はほろ苦く、乾燥させて細かく刻んで煎り、タンポポのようにコーヒーの代用品にもなります。

このコーヒーは「チコリコーヒー」と呼ばれ、気管支炎や貧血の症状を和らげるといわれています

全草に健胃や抗菌作用があり、根には強い強壮、肝機能促進作用があります

そして、若葉にはカルシウムなどが豊富に含まれているので、貧血に良でしょう

最近、やっとこのハーブをホームセンターで見つけ購入しました。

| | コメント (0)

TVドラマ

ドラマの主人公、鈴木島男。

人はあんなにも変われるものでしょうか。

いくらドラマとはいえ、突っ込みたくなる展開です。

そろそろ終盤なのにつまらなくなってきました。

残念だわ~(^。^;

                      ☆  ・  ☆  ・  ☆

日本のドラマは、人気がある、なしにかかわらず、話数が減ったとしても、殆んどの番組がちゃんと結末を迎えます。

ところが、アメリカのドラマは人気がないとなると、容赦なく打ち切りになるのです。

私が知ってる中で、一番ひどいと思ったのは、「オデッセイ5」。

まだ話が終盤を迎えていないのに、14話で打ち切りに。

その後、SFファンやスタッフなどから強い要望があり、幻のドラマは復活しました。

ところが、通算20話目でまたもや打ち切りとなったのです。

「ちょっとー!どうなってんの?」

知らないで見てた私は驚きました。

あと2~3話で完結するのではないかと思っていたので、ガッカリでした。

それを思えば、日本のTVドラマのほとんどは、ちゃんと結末があるのでいいのかもしれませんね。

面白くなくても、とりあえずは安心できますから。

| | コメント (0)

ハーブの効能「スギナ」

雑草だと思っていたスギナ(杉菜)がハーブだと知ったのはつい最近です。

毎年ボウボウに生えて、抜くにも根が深いので厄介者扱いしてました。

それも痩せた酸性土壌を好むだなんて、うちの庭の土が痩せてると公表しているようなもんですね。

スギナはヨーロッパでは古くから、泌尿器系の不調や出血、結核などの症状を和らげるために用いられていたそうです。

天火で乾燥させたものを煎じてその液体をお風呂に入れると入浴剤の代わりになり、

皮膚病にも効果的で、あせもや化粧品かぶれによる湿疹やかゆみを抑える効果もあります。

この煎じ液はお茶とよく似た味らしいので、一度飲んでみたいなと思っています。

他には、肝臓炎、結石、咳、発熱、高血圧予防、ガン予防にも効果的だと言われています。

| | コメント (2)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »