« ハーブの効能「ダンデライオン」 | トップページ | 夢のハーブ&ローズガーデン »

ハーブの効能「フェンネル」

日曜日にインド料理を食べに行きました。

レジにはガムの代わりにどうぞと「フェンネル」の種を乾燥させたものが置いてありました。

ちょっとだけ口に入れて噛むと甘味があり、ほんのりガムの味。

美味しいとは言えなかったけど・・・(笑)

フェンネルはセリ科のハーブで、種だけではなく全草使うことが出来ます。

若い葉や茎は特に魚の料理によく合い、「魚のハーブ」とも言われています。

フェンネルには、腸内のガスを排出する作用健胃作用があり、膨満感、消化不良、吐き気などの胃腸の不快症状を整える効果があるようです。

尿の排出を促して泌尿器系のトラブルの改善に役立など利尿剤としての価値も認められています。

また、婦人科系の不調を整える特性を持っていることでも知られており、フェンネルの種子から採れるエッセンシャルオイルには、女性のホルモン「エストロゲン」によく似た植物ホルモンが含まれているので、アロマテラピーでは、しばしば無月経、月経不順、更年期障害のケアに使用されています。

それに、実はこのフェンネル、ダイエットに一役かうらしいのです。

種子を噛むと満腹感が獲られるので古代ローマ時代から兵士が常に携帯し、食事が出来ないときに噛んで空腹をしのいだと言われています。

食べすぎに注意したいときには、あらかじめ口にしておくとよいかもしれませんね。

|

« ハーブの効能「ダンデライオン」 | トップページ | 夢のハーブ&ローズガーデン »

ハーブとアロマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。