« めまぐるしい2日間 | トップページ | ラベンダー2 »

ラベンダー1

ラベンダー」は大きく分けて、「スパイカ・グループ」、「ストエカス・グループ」、「デンタータ・グループ」、「プテロストエカス・グループ」、「ラバンジン・グループ」があります。

よく園芸店で見るものは、「イングリッシュラベンダーと呼ばれるスパイカ・グループと、「フレンチラベンダー」と呼ばれるストエカス・グループと、「レースラーベンダー」と呼ばれるプテロストエカス・グループです。

イングリッシュラベンダーは、乾燥気味であまり肥沃でない土地を好み、寒さには強いのですが、暑さと蒸れに弱いという特徴があります。

富良野でよく見るものはこの種類です。

フレンチラベンダーは、主に観賞用として親しまれており、イングリッシュラベンダーやレースラベンダーほど香りが強くありません。

寒さに弱く、比較的暑さには強いのですが、蒸れには気を付けた方がいいです。

レースラベンダーは、香りが良く、葉に深い切れ込みがあるのが特徴です。


ラベンダーは種からでも育てられますが、とても時間がかかるので、苗から育てる方が簡単です。

それから、その土地の気候に合ったものを選ぶと育てやすいと思います。

現在、うちにあるのはレースラベンダーとフレンチラベンダーで、どちらも簡単にさし木で増やせるので、毎年どんどん増えてます。

楽しいですよ。

|

« めまぐるしい2日間 | トップページ | ラベンダー2 »

ガーデニング」カテゴリの記事

ハーブとアロマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。