« 気を付けましょう!病院選び | トップページ | ウゴウゴ~!! »

ハーブの効能「ローレル」

料理の味付けや、香り付けに使われることの多い「ローレル(ローリエ)ですが、体にもいいんですね。

今回は、ローレルについて勉強しました。

日本では「月桂樹とも呼ばれています。

ローレルの葉の香りには、唾液の分泌を促して消化を助け、肝臓や腎臓の働きを活発にする働きが有ります。

料理以外の使い方では、葉を入浴剤の代わりに使うこともおすすめ。

神経痛緩和に役立つそうです。

それから、乾燥した葉を米びつに入れれば、害虫(コクゾウムシ)の被害からも守ってくれます

庭に1本あればいろいろと役立ちそうですね。

ただ、寒さに少し弱いので、冬は根元をワラなどで覆っておくとよいでしょう。



ローレルはギリシャ神話にも登場しています。

妖精ダフネの化身であるといわれています。

アポロンは河神の娘ダフネに恋心を抱き追い求めますが、その強引な愛に応えられなかったダフネは逃れるため、ローレルに変身したそうです。

彼女への思いを止められないアポロンは、この木を「聖樹」とし、聖者や学問、芸術に秀でた者などに、この枝で作った冠を与えるように定めたと伝えられています。

それで、「アポロの聖木」と呼ばれるようになったんですね。

|

« 気を付けましょう!病院選び | トップページ | ウゴウゴ~!! »

ハーブとアロマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。久しぶりにお邪魔します。
ローリエの葉っぱがそんなに役立つなんてしりませんでした。
ローリエはどれくらい大きくなるものなんんですか?
木?ですよねぇ?

投稿: しろねこ | 2005年8月24日 (水) 17時05分

しろねこさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?

ローリエは15~20メートルくらいになりますが(^_^;まめに剪定すると低くしておけると思います。

投稿: かずね | 2005年8月25日 (木) 21時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーブの効能「ローレル」:

« 気を付けましょう!病院選び | トップページ | ウゴウゴ~!! »