« 魂の年齢 | トップページ | 24-TwentyFour »

ハーブの効能「チャイブ」

chive 久しぶりにハーブの話です。

これは「チャイブ」の花。

チャイブはフランス料理には欠かせないフレッシュハーブの一つで、日本に自生するものとしては、アサツキやエゾネギなどがこれの仲間です。

チャイブの葉は日本人が通常食べているネギよりも香りが控えめで、いろいろな料理に使い易いのが特徴です。

花も食用として料理に添えたり、バラして葉といっしにサラダやスープなどのうきみに利用できます。

ネギ同様、消化酵素の分泌を促す成分が含まれているので、食用が増すと同時にビタミンB1の吸収を高めてくれます

それから、発汗作用もあるので、身体を温めてくれるハーブと言えると思います。

また、整腸、解熱、解毒、健胃、去たん作用があり、赤痢菌などの特定の菌に対して抑制の働きをすることも認められています

これから寒い冬がやってきますが、風邪の初期に葉の部分を煎じて取ると頭痛、鼻づまり、発熱を軽減できます。

ネギより香りが控えめなのでいいかもしれませんね。

|

« 魂の年齢 | トップページ | 24-TwentyFour »

ハーブとアロマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーブの効能「チャイブ」:

« 魂の年齢 | トップページ | 24-TwentyFour »