« 激安の靴屋さん | トップページ | パソコンのセキュリティ »

宇宙戦争

H・G・ウエルズの小説を映画化した「WAR OF THE WORLDS」

1953年のも、リメイクした2005年のも両方観た。

「WAR OF THE WORLDS」 直訳したならば、「世界の戦争」だ。

世界・・・???

宇宙じゃないのか?

「WAR OF THE SPACE」

うーむ。。。

英語力がまったく無い私。

基本に戻って“WORLD”の意味を調べてみることにした。


わーるど・・・わーるど・・・っと・・・

辞書を引くと、ものすごくあるんですね。

世界、地球、人類、社会・・・天体、惑星、宇宙・・・!

なるほど。

しかし、何故、ウエルズは“SPACE”や“UNIVERS”でなく、“WORLD”にしたのか?

それは、映画の最後の方で分かった。

“WORLD”は、世界や宇宙でもなく、人類や宇宙人でもない、この世に存在するすべての生物のこと。

その残酷で神秘的な部分を「WAR OF THE WORLDS」に込めたのではないかと思う。

うむ。。。答えになってない?(^_^;

原作読んでみるかな。

|

« 激安の靴屋さん | トップページ | パソコンのセキュリティ »

映画」カテゴリの記事

コメント

宇宙戦争 ってリメイクだったんだー。知らんかんたです。
見てみようっと。

僕が最近見た映画は、なんと「エイリアン3」です!! 
人の家のスカパでやってたのをついつい見てしまった。
こう考えると、この世は宇宙人だらけだなあ。

ところで、靴屋さんの答えは教えてもらえないですか?

足が大きい僕としては、ちょっと興味があります。・・・27.5cm
自慢じゃないけど、デザインより足に合うサイズで選ばんといけん
悲しいー

投稿: ブーマー | 2005年11月17日 (木) 08時19分

この激安の靴屋さんは「ヒラキ」です。
ネットで検索するとすぐ出てきますよ。

「エイリアン3」なつかしいですね。
“怖いなぁ”“気持ち悪いなぁ”と、思いながらも観た記憶があります。
今年は宇宙物の映画やドラマをスカパーでよく見。
やっぱり、「宇宙戦争」の公開の関連でかなぁ?

宇宙人って言うと、たいていは火星人ですよね。
なんでだろう。(笑)

投稿: かずね | 2005年11月17日 (木) 17時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦争:

« 激安の靴屋さん | トップページ | パソコンのセキュリティ »