小説

ショートストーリー <P6.>最終回

※この物語に登場することは、すべてフィクションです。

「運命の輪 (同人誌「睡蓮」4号に掲載)


---つづき---


そんなことがあってからは、会社からほど近い場所にアパートを借り、徒歩か自転車で

勤している。

そのうえ、人ごみを避けるために、わざわざ遠回りし、裏道を歩くようになった。

大通りとは道筋がひとつ違うだけなのに、古い建物ばかりで、大げさに言うと、昭和に

タイムスリップしてしまったかのようだ。

朝も早いことからか、すれ違う人も殆んど無く、とても静かで時間の流れが違うように

じる。

それに、この商店街のアーケードを通るとホッとするのだ。

多分、小さい頃に住んでいた町の雰囲気に似ているからかもしれない。

今では、シャッターを締め、看板を外している店が目立つ。

きっと、郊外型のショッピングモールが出来るまでは、ここも賑わっていたのだろう。

アーケードを抜け、50メートルほど行くと、左手に木造2階建ての金物屋があり、そ

を曲がって大通りに出る。

そこから会社はもう目と鼻の先だ。

いつものように金物屋を曲がりかけたとき、隣の軒先にキラリと光る円い物を見つけた。

おっと、これはもしかして?

自転車を降り、小走りで近付き、〔光る円い物〕を手に取って見た。

「なーんだ。ゲーム機のコインじゃないの。やーね。」

つぶやきながら、誰も居ないことを確認するように、ちらっと辺りを見回した。

恥ずかしくて、苦笑しながら、そそくさと元あったところにコインを戻す。

それと同時に、後で物凄い音がした。

何か落ちて来た音。

それも大きな物だ。

私は、恐る恐る振り返った。

「う、うそ。」

なんと、金物屋の大きな看板が落ちていたのだった。

もし、このコインに気を取られていなかったら、私の上に落ちていたかもしれないってこ

と?

ヘナヘナと地面に座り込む。

しばし呆然。

「大丈夫ですか?」

その声で、ふと我に返る。

金物屋から、店主らしき男が駆け寄って来た。

「すみません。私は、ここの店主ですが、お怪我はありませんでしたか?」

「えぇ・・・大丈夫です。」

頷きながら、小さな声で答えた。

「でも、お嬢さん、顔、真っ青ですよ。」

店主は、私の顔を心配そうに覗き込むと、店から背もたれの付いた木の椅子を持って

来た。

私に座るように促す。

「ありがとうございます。でも、大丈夫です。ただ、びっくりしただけですから。」

私は、笑顔で、スカートと足についた土を手で払いながら立ち上がった。

「びっくりさせて悪かったね。実はこの看板、老朽化していたもんで、今日の午後には取

替える予定だったんですよ。お嬢さんが真下にいなくて、本当に良かった。」

店主は、私の笑顔に安心したのだろう。

そう言うと、地面に落ちて変形した看板を両手で引きずりながら、店の中へ入って行っ

た。


いつまでこんなことが続くのだろうか。

運がいいのも考え物だわ。

それにしても、『運』と言うのは『運命』より強いのね。

こうなったら、とことん私の『運命の輪』に付き合うわよ。

負けてたまるもんですか。

ぐっと手を握り締め、拳を作る。

心の中で自分に気合を入れた。

チラッと、腕時計に目をやる。

針は9時10分前を指していた。

「やばいっ。遅刻だ!」

慌ててバックを掴み、自転車に跨り、風を切って走り出した。


---Fin---


以上でお話は終わりです。

友達が代表をしている、同人誌『睡蓮』に誘われて、20年ぶりにペンを取りました。

6日間に分けて書きましたが、いかがだったでしょうか?

ご感想をいただけると、ありがたいです。

それから、このショートストーリーを掲載した『睡蓮』では、只今会員を募集しています。

興味のある方は、どうぞ声をかけてくださいねm(_w_)m

| | コメント (2)

ショートストーリー <P5.>

※この物語に登場することは、すべてフィクションです。

「運命の輪 (同人誌「睡蓮」4号に掲載)


---つづき---

「その運命の輪が絶対のものならば、この世の中に奇跡というものは存在しないので

か?」

「確かに、奇跡は存在します。しかし、それは、その人の運命の輪にまだ寿命がある

ために起こるもので、あなたが今生きているのは奇跡ではない。生きていけない人

がこの世に存在する限り、災いは繰り返されるでしょう。」

「じゃぁ、私にどうしろとおっしゃるんですか?」

「どうにも出来ません。あなたの運が尽きるまでは。」

「私の運命の輪が巻き込んだ災難が、これからも続くということですか?」

「きっと、そうなるでしょう。」

「でも、まったく関係の無い人まで巻き添えになるなんて・・・」

涙があふれる。

自分のせいで、まったく関係の無い人まで傷付けるなんて、耐えられない。

「いいですか。よく聞いてください。関係の無い人達を巻き添えにしないようにするのも、

わたくし、管理人の役目です。しかし、先程のように、時間を止めて災いを回避出来た

としても、あなたの時間は止めることは出来ません。それは、あなたが生き延びる為の

手助けをすることは、許されていないからです。他の方々の運命の輪は、わたくしが守

らなくてはいけませんが、たびたび時間を止めていては、他に支障をきたすことがある

かもしれません。だから、あなたも出来るだけ大勢の集まる場所は避けてください。」

私は、頷いた。

良かった。

他人を巻き添えにすることが無いと分かって。

こんな運命を呪いたくなったが、少しだけ救われた。

運命の輪の管理人に姿があるのならば、きっと、握手をして感謝の気持ちを伝えて

いただろう。

「ありがとう・・・」

そう言った瞬間、気が遠くなっていくのを感じた。


再び気が付くと、吊革に掴まったまま、うとうととしていた。

さっき出逢った運命の輪の管理人のことは、きっと、夢ではないと思う。

だって、まだ体中が痛いのだから。

あのとき、運命の輪の管理人が言ったように、地下鉄事故は起こること無く、目的の

駅へ着いた。


---つづく---

| | コメント (0)

ショートストーリー <P4.>

※この物語に登場することは、すべてフィクションです。

「運命の輪 (同人誌「睡蓮」4号に掲載)


---つづき---

「どう言う事ですか?何故、私のせいだと?」

「あなたは、5歳の時に遭った、バスの事故を覚えていますか?」

バスの事故?

5歳・・・幼稚園児だったころだ・・・あっ・・・


幼稚園のバス旅行。

楽しかったその帰り道、園児を乗せたバスはスピードを出し過ぎていたのか、カーブを

曲がりきれず、ガードレールを突き抜け、20メートルもの崖下に転落。

運転手をはじめ、引率していた先生、そして、私以外の園児全員が死んでしまった。

それは、記憶の奥深くにしまい、鍵をかけ、二度と思い出さないように封印していた悲

い出来事だった。


「奇跡的に私だけ助かった・・・」

そうつぶやいた私の言葉を、運命の輪の管理人は即座に否定した。

「それは違います。奇跡など起こるケースでは無かった。あのとき、あなたも死ぬはずだ

ったのです。なのに、自身の持つ運の強さで助かってしまったのです。」

確かに、私は小さな頃から運だけはいい。

両親からもよく聞かされていたし、大人になった今でも、そう感じるところが多々ある。

先月、アパートの階段から転げ落ちそうになっていたとき、たまたま、ジャケットのポケッ

トが手すりの端にひっかかって助かったのだ。

「でも、だからといって、どうして、この地下鉄事故と関係があるのですか?」

「人間一人一人には、〔運命の輪〕と言うものがあって、それぞれ輪の寿命が決まって

います。例えばあなたの場合、運命の輪の寿命は五歳。あのバスの事故で死ぬはず

だった。しかし、あなたは生きている。死ぬはずの人が生きていると、運命の輪に歪み

が生じます。今まで、こんなにも、運命の輪に逆らって生きている人は居なかった。だ

から、管理人のわたくしも、最近まであなたの存在に気付かなかったのです。運命の

輪は歪みを修復するため、ずっとあなたの命を奪おうとしていたはず。でも、あなたは

不幸に見舞われるたびに、自身の運に助けられ、今日まで生き延びてきた。そして、

歪みが大きくなった運命の輪は、何の関係も無い人達を巻き込んでまで、あなたを死

に追いやろうとしているのです。」


---つづく---

| | コメント (0)

ショートストーリー <P3.>

※この物語に登場することは、すべてフィクションです。

「運命の輪 (同人誌「睡蓮」4号に掲載)


---つづき---

「誰かいるの?」

声が震える。

また、さっきよりも近くにいるような気がした。

「誰?」

もう一度尋ねる。

「わたくしは運命の輪の管理人です。」

声だけが聞こえた。

しかし、声といっても、耳に聞こえるのではなく、私の頭の中で直接言葉が響いている

感覚なのだ。

だから、相手が男なのか、女なのかさえも分からなかった。

これは夢?

さっきの事故で頭を打って、本当はまだ、意識が戻ってないのかしら。

「運命の輪って何ですか?それに、どうして、あなたは姿が見えないの?」

「私が見えないのは無の存在だからです。今日は、あなたに知ってもらいたいことがあっ

て、現れました。これからお話することは、すべて本当です。決して、夢ではありませ

ん。

現在、列車が横転する途中で時間を止めています。最終的には少し時間を過去に戻し、

この地下鉄事故はなかったことにします。」

それで、窓ガラスが割れていないことや、皆が動かないことが理解できた。

でも、時間を過去に戻すなんてこと、出来るものなのだろうか。

「だとすると、何故、私の時間だけ動いているのですか?」

「それは、この事故はあなたのせいで起こったことだからです。」


---つづく---

| | コメント (0)

ショートストーリー <P2.>

※この物語に登場することは、すべてフィクションです。

「運命の輪 (同人誌「睡蓮」4号に掲載)

          

---つづき---

それは二ヶ月ほど前。

いつものように午前7時31分の地下鉄に乗った。

あと二つで降りる駅だというときだった。

カーブで列車が大きく揺れ、凄まじい金属音が響き、乗客の悲鳴が上がった。

気が付いたときには、私は横たわっていて、状況がすぐには理解出来なかった。

カーブで大きく揺れたとき、慌てて吊革を掴んだところまで覚えてるんだけど。

起き上がろうとすると、体中がひどく痛む。

強くぶつけたようだ。

天井方向を見ているつもりなのだが、何故か、目線の先には窓があった。

どうやら、あの後、列車は転倒したらしい。

列車内は静まり返っていて、照明が点いたり消えたりしている。

いつまでもこんな体勢でいるわけにも行かないので、痛みをこらえ、起き上がった。

妙な違和感がある。

あぁ、そうか、分かった。

あれだけの衝撃があったのに、窓ガラスは一枚も割れていないのだ。

車両にダメージを受けたような感じもしない。

他の乗客を見た。

すると、皆、悲鳴をあげながら、倒れそうになった姿勢のまま止まっていた。

誰一人として、ピクリとも動かない。

さっきは、うるさいと思っていたMP3プレーヤーのヘッドホンから漏れる細く冷たい音さ

えも、聞こえなくなっていた。

一体何が起こったの?

みんな、どうなっちゃたの?

呆然と、この不思議な光景を見ている私の背後に、誰か近付いて来る気配を感じた。

しかし、振り返ると誰もいない。

でも、何かの存在は感じるのだ。

段々とその〔気配〕は近付いて来た。


---つづく---

| | コメント (0)

ショートストーリー <P1.>

※この物語に登場することは、すべてフィクションです。

(同人誌「睡蓮」4号に掲載)


          「運命の輪」

今日は、とてもいいお天気。

自転車に乗って緩やかな長い坂道を下る。

適度なスピード感と、頬に当たるひんやりとした風が心地良い。

どうして、こんな最高の日曜日に出勤しなきゃいけないんだろうね。

仕事なんかほっといて、公園で日向ぼっこでもしていたい気分だわ。

坂が終わりかけたところに、その公園がある。

周りには住宅が少ないせいか、日曜日でも子供達の遊ぶ姿はあまり無く、落ち着いて

読書するには持ってこいの場所なのだ。

あの、一番大きな木の下にあるベンチが、私のお気に入りで、木洩れ日の下で本を読

んだり、ボーっとしたりするのが好き。

でも、今日はうらめしく公園を横目で見ながら通り過ぎた。

以前は、会社までの距離がもっとあったため、通勤に地下鉄を利用していた。

だから、こんないい場所があることを知らなかった。

そう、あんなことがあるまでは・・・


---つづく---

| | コメント (0)